数学関数グラフ

sin(x)、tan(x)、log(x) などのグラフを描くとき curve 関数を利用する。curve 関数は次のように利用する。

curve(sin(x), from = 0, to = 2 * pi, type = "l")

1 つ目の引数には x について関数式を代入する。fromto にいは x の定義域を指定する。type 引数はプロットの方法を指定する、例えば l は線、h は垂線を表す。その他に、colylabxlab などのオプションも利用できる

curve(exp(sin(x)))
curve()関数により描写されるグラフ
curve(sin(x), from = (pi) / 2,to = (pi) / 2 * 5)
curve()関数により描写されるグラフ
curve(sin(x), from = 0, to = pi, type = "h")
curve()関数により描写されるグラフ

type オプションに指定する文字として、p は点、l は線、b は点と線両方、o は点と線の重ねる、h は各点から x 軸までの垂線、s は段階状プロットを表す。

add オプションを利用して、複数のグラフを重ね合わせることもできる。

curve(cos(x), from = -10, to = 10)
curve(exp(x) - 1, col = "red", add = TRUE)
curve(sin(x/2) / 2, col = "blue", add = TRUE)
curve()関数により描写されるグラフ