R プログラミング / 発展編

Rのインストールバイナリーコードから R をインストールする方法
コマンドラインコマンドラインから R を起動して実行する方法
.RprofileR 起動時に自動的にパッケージをロードしたりなど
LaTeX 出力
Markdown 出力
行列やデータフレームを LaTeX の表組みとして出力
eval 関数evalを利用して文字列をコードに変換して実行
標準出力の制御標準出力へのオブジェクト、メッセージや警告文の出力や出力制御
デバッグbrowser、debug、trace、traceback 関数の使い方
例外処理Rのtry、tryCatchによる例外処理、ちょっとしたエラーの回避など
変数スコープRの変数は静的スコープ
総称的関数総称的関数の作り方
S4クラスS4におけるクラスの定義、スロットへの値の代入や参照、オブジェクト指向
R5クラスリファレンス(オブジェクトの参照渡し)を実装
vignettevignette の作成方法とその文法
CRAN パッケージの作成CRAN 向けのパッケージの作成方法
BioC パッケージの作成Bioconductor 向けのパッケージの作成方法