生物統計学は生命科学に特化した統計学であり、生命科学における様々な現象の解決を試みる学問である。特に、バイオインフォマティクスの発展に伴い、生物統計学はこれまで以上に重要視されるようになった。